Posts Tagged ‘間取り’

スキップフロアのあるリビング

先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。
その友人宅のリビングにはスキップフロアがありました。
スキップフロアがあることでリビングにもう一つ部屋があるような印象を受けました。
家族が同じリビングにいてもスキップフロアを個室という感覚で使用できるのです。

私が遊びに行った時はこのスキップフロアを子ども達の遊ぶスペースとして活用していました。子ども達も自分達の遊ぶスペースとして意識することで、遊びに集中できとても楽しそうでした。
リビングにいる親はお茶を飲みながら自分達の時間を過ごすことができるのですが、気になる時は遊んでいる子ども達の様子をすぐに確認できるので安心できるのです。

友人はこのスキップフロアを多目的で使用しているといいます。
このスキップフロアには備え付けのカウンターを設けていました。
このカウンターがあることで子どもがお絵かきをする時にも便利ですし、パソコンルームとして活用することもできます。
子ども達が成長すれば勉強スペースとしても重宝することでしょう。
また昼寝をしたらこのスキップフロアに寝かせれば落ち着いて寝ることができます。
またパパの書斎としてもいいのではないかと思います。
時には家事をするスペースとして活用させてもいいでしょう。
子どもから邪魔されることなく洗濯物をたたんだり、裁縫をしたり、アイロンがけができると家事がスムーズに進みます。
リビングにスキップフロアがあれば家族の存在を身近に感じながらも個室という感覚で空間を楽しむことができるので素敵な空間だなと思いました。

間取りで暮らしやすさは左右する

住宅の住み心地や暮らしやすさを高めるには間取りをしっかり考えることです。
家事動線や生活動線をしっかり考えた上で間取りを決めるようにした方がいいでしょう。

例えばキッチンのスタイル。
対面式キッチンでもフルオープンなのかセミオープンにするのか、壁付けキッチンの方がいいのかなどキッチンの配置も家事のしやすさを考える上では大事です。
またよく行き来する場所との行き来のスムーズさというのも考える必要があります。
日々の家事動線や生活動線を意識しながら自分達に合った間取りにすることで住み心地の良さや暮らしやすさをより感じることができるようになるでしょう。
キッチンと洗面室への行き来は家事を行う上で重要です。それに加え洗面室から洗濯物干し場への動線も忘れずに考える必要があります。

洗ったばかりの洗濯物を運ぶのは重くて意外と大変です。
洗濯をしてそれを干すという動線はできるだけ短くしておいた方が家事への負担を減らしてくれることでしょう。
我が家は現在一階で洗濯を行い、二階のベランダに洗濯物を干しています。
今は若いのでそこまで負担には感じませんが、自分が高齢になってきた時階段を移動して洗濯物を持ち運びするのは意外と体に負担がかかることと思います。
現時点の状況ばかり考えるのではなく将来を見据えた家造りをするのも大事なことだと思います。

洗面室は家事動線ばかりを考えていてはいけません。
帰宅時手を洗うという習慣をきっちりと身に着けるためには玄関近くに設けておくことの一つのポイントだと思います。
動線をしっかり考え間取りを決めましょう。

間仕切り戸の活用

住まいを新築する時、最近は開放感を重要視して、LDKをワンフロアにすることが多くなりました。以前に比べて、冷暖房機器の性能が飛躍的に伸びているお陰でもありますが、住まいの断熱性や気密性が格段に進んだおかげでもあります。しかし、LDKが間仕切りされることなく、ワンフロアであっても、リビングスペースやダイニングスペースというのはだいたい決まってきます。家族が全員帰宅する夕方から夜にかけては、LDKをワンフロアで使うことが多くても、主婦が1人だけで過ごしたり、母親と幼児が過ごしたりする昼間には、LDKのワンフロアを全部使わないこともあります。そんな時、冷暖房を必要なスペースだけに効かせたいこともあります。急の来客の場合、よりプライベートなスペースであるキッチンやダイニングの雑然感を隠したい場合もあります。そんな時、威力を発揮するのが可動式の間仕切り壁や間仕切り戸です。

私が住まいを新築した時、息子達が幼かったので、キッチンにいる母親が見えるダイニングテーブルで、お絵描きしたり、本を読んだりすることが多かったです。主人のいる休日や来客でもない限り、
リビングスペースを使うことがなかったので、リビングとダイニングの間に半透明のポリカーボネイト製の間仕切り戸をつけてもらいました。冷暖房が必要でない季節の良い時期には、間仕切り戸を開放していますが、冬や夏には、この間仕切り戸が威力を発揮します。
ダイニングとキッチンスペース用に設置した冷暖房機器を稼働させただけで、すぐ暖まったり、涼しくなったりします。間仕切り戸があるお陰で、省エネになります。子ども達が成長しても、部活などで帰宅時間がまちまちなので、なかなか夕食も一緒に食べることができません。宿題などもありますから、食後、プライベートルームで過ごすことも多くなりました。そんな時も間仕切り戸で、ダイニング、キッチンスペースだけを独立させることで、省エネになります。

勉強のできるリビング

先日、テレビで子ども部屋をあまり充実した空間にしない方がいいと聞きました。
子ども部屋の居心地を良くするとその部屋から出てこずこもってしまうのです。
最近ではリビングで宿題や勉強をする子が多いと言います。我が家には子どもはいますがまだ小学生にも満たないですが、将来的なことを考え新築住宅では子ども達が勉強しやすいリビングを造ろうと考えています。

リビングの窓際に備え付けの机を設けるのがいいと思います。窓際であることから自然の明るさを取り入れることができるので勉強もしやすくなります。備え付けの机の下には勉強用品を収納できるスペースを設けておくことと、使わない時机の下にイスがきちんと収納できるようにしておこうと思っています。キッチンで家事をしながら子ども達が勉強している姿を確認でき、オープンキッチンにしておけばより子ども達と会話をしながら宿題のチェックもできます。子ども達も分からない部分をすぐに親に質問できるので安心して勉強に臨めるのです。
子ども達が使わない時は私のワークスペースとして活用できるので便利です。

キッチン近くにこのスペースを設けておくことで私のワークスペースとして活用しやすいのです。キッチンで料理の合間や家事の合間にサッと腰をおろせる空間があるのは便利です。また趣味のパソコンをサッと広げて見れるのも嬉しいものです。
リビングは家族がリラックスできる場です。その空間に落ち着いて勉強できる空間も設けておくことで子どもも楽しく勉強をすることでしょう。
勉強ができるリビングというのがこれからは人気を高めそうです。