Posts Tagged ‘収納’

我が家のシューズクローク

我が家は、玄関の横に玄関と同じ広さのシューズクロークを設けました。このシューズクロークは家族用の玄関としても利用するためシューズクロークからも室内へ入れるように動線を確保しているのです。メインの玄関をスッキリとしたかったので、シューズクロークの収納力を高めました。L字型に可動オープン棚を設け、そこには家族の靴はもちろん、屋外で使用する子ども達のおもちゃや工具、アウトドア用品などをしっかりと収納できるようになっています。

家族みんなの靴がどこにあるかが一目で把握できますし、オープン棚なので出し入れもしやすいのです。シューズクロークの収納力が高いので玄関部分には靴箱など設ける必要がなく、スッキリと広々とした空間が広がっています。そこで、靴を脱ぎ履きする際に便利なベンチを設けています。小さい子どもから高齢者までこのベンチがあることで靴の脱ぎ履きの負担を軽減させることができており、便利さが高まっています。

シューズクローク内には土間収納スペースもあり、子どものベビーカーや三輪車、旦那さんのゴルフ用品や洗車用品などもここに置いています。外で使用して汚れていてもサッとそのまま片づけられるため土間収納スペースは確保しておくことをおススメします。靴や物を片付けると同時にそのまま室内へスムーズに入れるため、靴や物を片付けなかった子ども達でも自然と片付ける習慣が身に付いてきました。出し入れしやすい収納力と動線のスムーズさが大きなポイントなのです。我が家はこのシューズクロークのおかげで玄関周りがスッキリとしていつでもお客様を受け入れられています。

ファミリークローゼット

私が家事に一番面倒と感じるのがたたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業です。子ども達の服、夫婦の服、下着、タオル類などそれぞれ別々のクローゼットにしまいます。洗濯物をしまうという作業だけで住宅内を行ったり来たりして無駄な動きも多いためついつい後回しにしがちです。この家事への不満を解消するために、新居では生活の中心である一階にファミリークローゼットを設けたのです。

身支度や入浴後の着替えなど服を脱いだり着たりすることの多い洗面室の横にファミリークローゼットを設けました。家族の服を一か所で管理できることで、たたむという作業が格段に楽になり家事への不満を解消できています。洗面室の横に設けたことで、入浴時の事前準備やタオル交換も楽になるだけでなく、朝はヘアセットやお化粧、着替えとトータルコーディネートしやすくなったのです。

このファミリークローゼットのポイントの一つは掛ける収納を充実させることです。掛ける収納を充実させることで、洗濯物をたたむという作業を簡略化できます。また衣類にシワが入らずに済むのです。上下二段にポールを設けて掛ける収納を設けているので、子どもの衣類も掛けて収納しています。自分達で手の届く位置に服があることで、服を取り出したりしまったり自分のことを自分でする習慣が身に付きやすくもなっています。今までは衣類の管理はほとんど私が行っていましたが、旦那さんも子ども達も自分で服の管理をするようになり、家事への負担が軽減しました。家事は休みがないものだけに、いかに効率良く行える環境を整えるかが大きなポイントなのです。

キッチンが変わるパントリー

キッチンにパントリーを設ける家庭は非常に多いです。最近ではパントリーがない家の方が少ないような気がします。このパントリーもウォークイン型の広々パントリーにしたり、戸棚パントリーで食材をまとめてしまえるスペースを確保したりパントリーにも種類があります。

私の友人宅に設けられているパントリーはウォークイン型のパントリーです。これは何でもたっぷりと収納できるので主婦が憧れるパントリーと言ってもいいでしょう。食品庫としてだけ使用するのではなく、ここにカウンターを設けてママのワークスペースが設けられていました。家計簿をつけたり、裁縫をしたりなどちょっとしたデスクワークを行うスペースとして活用しているそうです。建具で仕切らずアーチ状の垂れ壁で繋いだパントリーには開放感を感じられました。

カウンター部分には掲示板コーナーが設けられており、学校行事などの子どものプリントを掲示しており、リビングやダイニングから見えないことから、生活感を感じさせにくい配慮もしていました。つい冷蔵庫にプリントを貼ったりしがちですが、これらが目に入ることで一気にキッチンが生活感を感じる空間になってしまいます。ママスペースに掲示板コーナーがあることでしっかりと予定をチェックできるのもいいですね。

広さのあるパントリーを設けることでこのような空間の活用方法ができるのだと感心しました。キッチンに食品庫を設けることで、収納を充実させることにも繋がります。そうするとキッチン部分に余裕ができ、家事を行いやすいキッチンが広がるのです。キッチンは女性が特に重視する空間でもあるだけにパントリーを設けて満足度の高いキッチンを目指したいものです。

便利なシューズクローク

玄関の横にシューズクロークを設けるのが最近では当たり前のようになっています。シューズクロークをただの靴や傘置き場とするのではなく、玄関周りをスッキリさせるために充実した収納スペースとして考える人が増えているのです。
靴や傘に加えて、外で使用する物をしまえるように土間収納を充実させる人も多いです。ベビーカーや三輪車、車の洗車用品に旦那さんの趣味のゴルフ用品などこれらは、ついつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしにしてあることがよくあると思います。これらが玄関周りにあることで住宅の顔とも言われる玄関の印象は台無しになってしまうのです。

これらのものをシューズクローク内の土間収納部分にしまうようにすることで、物が片付き玄関の印象も広々と明るくなります。そして衣類を一時置きするスペースを設ける人も多いです。帰宅してリビングに直行する人は多いと思います。そうすると持ち歩いたカバンはリビングの床に、そして着ていた上着はソファの上に脱いだままという状態になっていませんか。
このようにリビングに物が散らかることでリビングの快適性を損ない、居心地を悪くしてしまうのです。リビングにこれらが散らかるのを防ぐために、シューズクローク内にそれらを一時置きできるスペースを確保するのです。

靴を脱ぐのと同時に、その場で上着を掛けられそしてカバンをしまえるスペースがあると、手洗いをしてリビングでゆっくりくつろげます。リビングに物が散らかる心配もなくなるのです。玄関周りの収納を充実させることでリビングの充実にも繋がるのです。

収納力のあるカップボード

我が家は現在新築住宅を建設中です。
そんな我が家で私が一番重視したのはキッチンです。キッチンは女の城とも言われます。
それだけにいかに快適に過ごせる空間にするか、いかに家事を効率よく行える空間にするかという点に注目しました。
快適に過ごせる空間にするにはキッチンの床に物が散らからないようにしなければいけません。買い物から帰宅してついついキッチンの床に物を置きっぱなしになっていることがありますが、特売日でいろいろ買い込んでもしっかり収納できるスペースを確保することが大事だと思います。

足の踏み場に困るようなキッチンであればキッチンの家事効率も下がってしまいます。
次の家事を効率よく行える空間にするにはキッチンで必要な物を全て一か所に収納してしまうということです。
必要な物がバラバラの位置にあればキッチン内を行ったり来たりと無駄な動きが多くなってしまうのです。

これらの要求を満たすには収納力のあるカップボードがいいのです。
最近ではキッチン横にパントリーを設けて収納を充実させる人も多いです。しかし広さに余裕のあるウォークインパントリーを設ける余裕がなかったこともあり、このカップボードの収納力をアップさせ、この一面をパントリーとして活用することにしました。
天井にまで広がるカップボードは収納力抜群です。
一面には食器、一面にはキッチンで必要な家電をそして家電の下にはキッチンで多く必要なゴミ箱をビルトインさせます。

そしてもう一面はパントリーとして活用するのです。
三面にもなるカップボードは使わない時はすりガラスで全てを隠してしまうことができます。スッキリとしたキッチンを実現できますし、必要な物が一か所でまとめられ家事のしやすいキッチンになること間違いありません。