Posts Tagged ‘キッチン’

キッチン

最近では、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。オープンなキッチンにすることで誰でも作業を手伝いやすくなります。今まではリビングに背を向けていたのが家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことができますし、家事をしながらリビングで過ごす子ども達の様子が把握できるため家事と育児の両立がしやすさも実感できるのです。

オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々あります。吊り戸棚をなくし、コンロ部分も壁ではなく耐熱用ガラスを設けることで空間の繋がりを高め広さや開放感を得ることができます。しかし、気になるのがお鍋や食器など乱雑に置かれた様子が、リビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。片付いていないキッチンが見えるのは見た目にいいものではありません。また急な来客時にはスムーズに対応できず、慌ててキッチンを片付けなければ恥ずかしいのです。

我が家はキッチンの前に腰壁を設けて、気になる手元部分を隠せるようにしました。これなら見た目を気にしなくて済みますし、急な来客時でも乱雑なキッチンを見られることなく、スムーズに対応できます。腰壁があることでL字型にカウンターを配し、パソコンをしたり、軽食をとるには最適のスペースを設けることもできました。自分にピッタリのキッチンを取り入れ、家事をしやすい環境を整えておきたいものです。

我が家のキッチン

キッチンスタイルは非常に多様化しています。壁付けI型、対面式I型、アイランド型、L型などキッチンスペースの広さや家事のしやすさから自分に合ったキッチンスタイルを取り入れることができます。私の周りで一番多く取り入れられているのが、対面式のフルオープンキッチンです。吊り戸棚がなく、キッチンからフラットに伸びるカウンターがキッチンをよりスッキリと魅せるキッチンとして存在します。

しかし我が家はあえて人気のこのスタイルにせず、手元をしっかり隠せるように腰壁を設けました。フルオープンキッチン同様にLDKの一体感はそのままにキッチンの手元部分をしっかり隠せるセミオープンキッチンにして良かったと思っています。フルオープンキッチンはきれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の片付いていないキッチンもリビングやダイニングから丸見えになってしまうのです。それが嫌で腰壁を設けました。

乱雑になりがちな手元部分がしっかり隠せることで見た目の印象を悪くすることはありません。それだけでなく、この壁の厚みを利用してニッチを設けることもできました。キッチン側に調味料入れのニッチを、そしてダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。調味料や散らかりがちな雑誌や新聞をきちんとニッチ内に収められるようになり、より空間をスッキリと見せられるようになりました。

そしてこの腰壁にはカウンターも取り付け、お茶をしたり、パソコンをしたり、スタディコーナーとしたり多目的に利用できるカウンターがあることで便利さを増しています。自分にピッタリのキッチンを選択し、家事をする時間を楽しいものにしたいものです。

収納力のあるカップボード

我が家は現在新築住宅を建設中です。
そんな我が家で私が一番重視したのはキッチンです。キッチンは女の城とも言われます。
それだけにいかに快適に過ごせる空間にするか、いかに家事を効率よく行える空間にするかという点に注目しました。
快適に過ごせる空間にするにはキッチンの床に物が散らからないようにしなければいけません。買い物から帰宅してついついキッチンの床に物を置きっぱなしになっていることがありますが、特売日でいろいろ買い込んでもしっかり収納できるスペースを確保することが大事だと思います。

足の踏み場に困るようなキッチンであればキッチンの家事効率も下がってしまいます。
次の家事を効率よく行える空間にするにはキッチンで必要な物を全て一か所に収納してしまうということです。
必要な物がバラバラの位置にあればキッチン内を行ったり来たりと無駄な動きが多くなってしまうのです。

これらの要求を満たすには収納力のあるカップボードがいいのです。
最近ではキッチン横にパントリーを設けて収納を充実させる人も多いです。しかし広さに余裕のあるウォークインパントリーを設ける余裕がなかったこともあり、このカップボードの収納力をアップさせ、この一面をパントリーとして活用することにしました。
天井にまで広がるカップボードは収納力抜群です。
一面には食器、一面にはキッチンで必要な家電をそして家電の下にはキッチンで多く必要なゴミ箱をビルトインさせます。

そしてもう一面はパントリーとして活用するのです。
三面にもなるカップボードは使わない時はすりガラスで全てを隠してしまうことができます。スッキリとしたキッチンを実現できますし、必要な物が一か所でまとめられ家事のしやすいキッチンになること間違いありません。