地震に関して

東日本で大震災が発生してから約一週間が経とうとしていますが、ニュースや新聞などで伝えられるその被害状況は日に日に増えていくばかりです。
しかしニュースなどで流される地震当時や現在の被災地の映像はあまりにも非日常すぎてなんて表現したら適切なのか分からないのですが、
リアリティーを感じないというか映画を見ているような感じがするのです。
しかし、現実に被災された方や亡くなられた方がいるのでしっかりと受け止めることとこれを機に自分達の教訓とすることと、少額ですが募金だけでもするということは心掛けたいなと思うのです。
また地震はいつ何時起こるか分からないので頭の片隅においておかなければいけないと思いますし、
原発の問題にしても九州地方で大きな地震があれば大分は豊後水道をはさんで伊方原発があるので
このことに関しても他人事ではないという自覚を持っておかなければいけないと感じています。
数年前、福岡にいた時に福岡西方沖地震の際にホームセンターで目の前で陳列棚が倒れるのを見たり、
1995年の阪神淡路大震災は高校の修学旅行の前日に発生して移動手段が大幅な変更になったりと、
何かしら自分の記憶に残るものでしたが今回の地震も忘れることなく覚えておかなければいけない災害だと思います。
大きな災害が起きても被災してない人間にとっては記憶や歴史の一部でしかないということにならないように、
また安全や平和、普通に過ごしている生活を感謝しなければいけないと思うのでした。

Comments are closed.