生活してみて思うこと

バタバタと賃貸物件を探して引っ越しをして若干のトラブルはあったもののなんとか生活そのものは落ち着いてきた今日この頃です。
慌てて物件を探していた際は2LDKの物件しか見つからず仕方がないかなぁと思っていたのですが、
3DKの物件が急遽出てきたので少々家賃が高いと思いつつもやはり3DKの物件に決めて良かった改めて思うのでした。
あまり自分としては間取り的に気にしていなかった部分があったんですが3つ部屋があるというのは便利だと思うし、
2LDKのようにリビングダイニングキッチンのように10畳ほどの広さが一つの部屋だとするとエアコンの暖房効率だとか照明の明るさだとかを考えなければいけないわけです。
あと来客があったりするとあまり台所とか見られてくないものとかもあるのでやはり部屋と部屋は分かれていた方が良いと思います。
暖房効率の話をするとうちはストーブやファンヒーターなどの石油系暖房器具を使わず健康を意識したオイルヒーターを使っているわけですが、
やはりあまり部屋が大きいと温まった空気の対流がうまく回らないみたいですし。
ただ今気になるのがやたらと部屋の中に湿気が多いようで、窓に結露が尋常じゃなくついていることです。
今まで住んでいたアパートではこんなに結露が気になることはなかったんですが。
これは賃貸住宅の構造の問題なのだろうか?
ただ一般住宅でも湿気に悩まされて大分でリフォームした友人もいます。
まぁ仕方がないと言えば仕方がない。
押し入れなどにも湿気を注意して防湿剤とか入れておかないとだめかもしれませんね。
賃貸住宅は住んでみないと分からないその部屋の特徴があるので難しいですね。

Comments are closed.