固定階段で行き来できる小屋裏収納

屋根下に生まれるデッドスペースを利用して大型の収納スペースを確保してみてはいかがでしょうか。二階の1/2未満のスペースで天井高1.4m以下であれば床面積に含まれず、2階建て住宅として設計できる魅力を活かし、大型の収納庫を設ける家庭も増えています。

収納はほしいけど、部屋が狭くなるのも嫌だ!と考える人が多いだけに、屋根下というデッドスペースを無駄にできないのです。ここなら下界の居住スペースを狭めることなく収納力たっぷりのスペースを確保できるのです。このスペースを設ける際には、ここへの行き来をどのように行うかもポイントの一つです。

屋根裏収納というと急こう配のハシゴで行き来をする家庭が多いのですが、ハシゴだと大きな物や重さのある物を出し入れする際には一人では無理ですし、高齢になった時には利用しにくい、または利用できない収納スペースとなってしまいます。そこで物の出し入れがしやすく、高齢になった時でも利用しやすい収納スペースとするには固定階段で行き来ができるようにするのです。安全性が高まり、行き来のしやすさから利用しやすいスペースとも感じられるようになるのです。

ただの収納スペースとしてしまうのではなく、趣味を楽しむスペースとしたり、書斎スペースとしてなど隠れ家スペースとしても利用しやすくなります。収納スペースとして利用する際には、普段は使用しないものを収納するスペースとして適しています。ワンシーズンだけ使用する物やアルバムや賞状などの思い出の品、趣味用品など普段使いするものではないこれらを一か所で整理できるスペースとして重宝します。屋根下も余すことなく活用させましょう。

Comments are closed.