我が家のシューズクローク

我が家は、玄関の横に玄関と同じ広さのシューズクロークを設けました。このシューズクロークは家族用の玄関としても利用するためシューズクロークからも室内へ入れるように動線を確保しているのです。メインの玄関をスッキリとしたかったので、シューズクロークの収納力を高めました。L字型に可動オープン棚を設け、そこには家族の靴はもちろん、屋外で使用する子ども達のおもちゃや工具、アウトドア用品などをしっかりと収納できるようになっています。

家族みんなの靴がどこにあるかが一目で把握できますし、オープン棚なので出し入れもしやすいのです。シューズクロークの収納力が高いので玄関部分には靴箱など設ける必要がなく、スッキリと広々とした空間が広がっています。そこで、靴を脱ぎ履きする際に便利なベンチを設けています。小さい子どもから高齢者までこのベンチがあることで靴の脱ぎ履きの負担を軽減させることができており、便利さが高まっています。

シューズクローク内には土間収納スペースもあり、子どものベビーカーや三輪車、旦那さんのゴルフ用品や洗車用品などもここに置いています。外で使用して汚れていてもサッとそのまま片づけられるため土間収納スペースは確保しておくことをおススメします。靴や物を片付けると同時にそのまま室内へスムーズに入れるため、靴や物を片付けなかった子ども達でも自然と片付ける習慣が身に付いてきました。出し入れしやすい収納力と動線のスムーズさが大きなポイントなのです。我が家はこのシューズクロークのおかげで玄関周りがスッキリとしていつでもお客様を受け入れられています。

Comments are closed.