キッチン

最近では、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。オープンなキッチンにすることで誰でも作業を手伝いやすくなります。今まではリビングに背を向けていたのが家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことができますし、家事をしながらリビングで過ごす子ども達の様子が把握できるため家事と育児の両立がしやすさも実感できるのです。

オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々あります。吊り戸棚をなくし、コンロ部分も壁ではなく耐熱用ガラスを設けることで空間の繋がりを高め広さや開放感を得ることができます。しかし、気になるのがお鍋や食器など乱雑に置かれた様子が、リビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。片付いていないキッチンが見えるのは見た目にいいものではありません。また急な来客時にはスムーズに対応できず、慌ててキッチンを片付けなければ恥ずかしいのです。

我が家はキッチンの前に腰壁を設けて、気になる手元部分を隠せるようにしました。これなら見た目を気にしなくて済みますし、急な来客時でも乱雑なキッチンを見られることなく、スムーズに対応できます。腰壁があることでL字型にカウンターを配し、パソコンをしたり、軽食をとるには最適のスペースを設けることもできました。自分にピッタリのキッチンを取り入れ、家事をしやすい環境を整えておきたいものです。

Comments are closed.