コミュニケーションを大事にできる家

住宅とは、家族みんながホッと落ち着くことができ、一番居心地のいい場所であると思います。家族のコミュニケーションを大事にできる住まいにすることで、家族関係の良好さをしっかりと保つことができ、家で過ごす時間がより楽しいものとなるのです。そこで我が家はリビング階段を取り入れました。

リビング階段の魅力は、家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と作りだされます。顔を合わせることで、コミュニケーションを取りやすくなりますし、親は子どものちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。今までは玄関の近くに階段が設けられることが多かったです。子ども達が帰宅して直接二階の部屋へいけるため、いつ帰宅したのか分からなかったり、いつの間にか外出していたということもあるのです。リビング階段であればこのような状況を避けられます。

このリビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあります。家族のコミュニケーションをいつまでも大切にできる家となるのです。そして一階だけでなく二階にも家族で過ごすスペースを設けました。階段を上がった先のホールを広めに確保して、ファミリースペースを設けました。寝る前の時間をここで過ごしたり、休日の朝はここでゆっくり朝食を取ったりしています。一階だけでなく二階にも家族で過ごすスペースがあることで自然とコミュニケーションも取りやすくなるのです。

またリビングの先にはウッドデッキを設けました。室内で過ごす時間だけでなく、外で過ごす時間も大切にすることで、家族と過ごす時間をより充実したものにしてくれるのです。コミュニケーションを大事にできる家造りを目指してみるのもいいのではないでしょう。

Comments are closed.