浴室の安全性

浴室は家庭の中でも多くの事故が起きており、危険性の高い場所の一つであることをご存知ですか。浴室は、一日の疲れを癒し、リラックスする空間として捉える人が多いだけに浴室の安全性をしっかりと確保し、安心して入浴できる空間を作りだす必要があると思います。

そこでまず、脱衣所から浴室へ入る部分の段差が非常に少なくなりました。以前は段差をつけることで、浴室の水が脱衣所に入ることを防いでいました。しかし、ドアの下に取り付けられたゴムのストッパーで、浴室からの水の浸出を防ぐ技術が取り入れられているので、ほとんど段差なく行き来ができるようになったのです。つまずいて転倒するような心配はありませんし、車イスでの出入りもスムーズに行えるのです。

そして床もポイントの一つです。以前は、ツルツルとしたタイルの床で、転ぶと大きなケガをすることがありました。最近の床は、表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、膝を直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

そして浴室では、立ったり、座ったり、またいだりと意外と動作が多いのです。つかまる所がなければとても入りにくいものです。入浴の動作を考え、浴槽の出入りのときや、洗い場に移るときに転びやすい姿勢のときにつかまりやすい位置に手すりを設けておきましょう。手すりの形や位置を自由に選ぶことができるので、自分達が入りやすい浴室に仕上げることができます。浴室の安全性をしっかりと確保して小さい子どもから高齢者まで安心して入れる浴室にしましょう。

Comments are closed.