子ども部屋

住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋ではないでしょうか。子どもの成長に合わせて子ども部屋に求めることも変わってきます。また最近では、小学生頃の子ども達が勉強をする場所は、自分の部屋ではなく家族が近くにいるリビングやダイニングです。そうなると子ども部屋は小学生頃まではただ荷物をしまい、寝るだけの空間ということになるのです。

そこで最近では個室を必要としない間は、兄弟姉妹が共に遊べて、共に勉強して、共に寝る子ども部屋にして、将来的に個室を必要し出したら空間を区切るような子ども部屋スタイルが人気を高めています。小学生頃までは子ども部屋で勉強はしませんし、個室も必要ありません。広々ワンルームの子ども部屋にして、お友達が遊びに来てものびのびと遊べる空間がある方がいいのです。

しかし将来的にはこのワンルームが2つや3つの個室となることを想定して、あらかじめ出入りするドアや窓、クローゼットにコンセント、照明などは設けておきます。このように環境を整えておくことでいつでも個室に区切ることができ、子どもの成長に合わせてその時々でぴったりの空間造りができるのです。我が家のマイホームに設けた子ども部屋はまさにこのようなスタイルです。個室になった時に狭さや圧迫感を感じないように勾配天井にしました。これなら個室に区切っても閉鎖的な印象を得ることもなく過ごしやすい子ども部屋となるのです。

そして勾配天井を活かしてロフト収納を設けました。子どもが成長することで物も増えていきます。この増えていくものをきちんと整理できる収納スペースがあることで広さに限りのある子ども部屋でも快適に過ごせるようになるのです。子どもにとっても暮らしやすい家造りをしていきましょう。

Comments are closed.