便利なシューズクローク

玄関の横にシューズクロークを設けるのが最近では当たり前のようになっています。シューズクロークをただの靴や傘置き場とするのではなく、玄関周りをスッキリさせるために充実した収納スペースとして考える人が増えているのです。
靴や傘に加えて、外で使用する物をしまえるように土間収納を充実させる人も多いです。ベビーカーや三輪車、車の洗車用品に旦那さんの趣味のゴルフ用品などこれらは、ついつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしにしてあることがよくあると思います。これらが玄関周りにあることで住宅の顔とも言われる玄関の印象は台無しになってしまうのです。

これらのものをシューズクローク内の土間収納部分にしまうようにすることで、物が片付き玄関の印象も広々と明るくなります。そして衣類を一時置きするスペースを設ける人も多いです。帰宅してリビングに直行する人は多いと思います。そうすると持ち歩いたカバンはリビングの床に、そして着ていた上着はソファの上に脱いだままという状態になっていませんか。
このようにリビングに物が散らかることでリビングの快適性を損ない、居心地を悪くしてしまうのです。リビングにこれらが散らかるのを防ぐために、シューズクローク内にそれらを一時置きできるスペースを確保するのです。

靴を脱ぐのと同時に、その場で上着を掛けられそしてカバンをしまえるスペースがあると、手洗いをしてリビングでゆっくりくつろげます。リビングに物が散らかる心配もなくなるのです。玄関周りの収納を充実させることでリビングの充実にも繋がるのです。

Comments are closed.