間取りで暮らしやすさは左右する

住宅の住み心地や暮らしやすさを高めるには間取りをしっかり考えることです。
家事動線や生活動線をしっかり考えた上で間取りを決めるようにした方がいいでしょう。

例えばキッチンのスタイル。
対面式キッチンでもフルオープンなのかセミオープンにするのか、壁付けキッチンの方がいいのかなどキッチンの配置も家事のしやすさを考える上では大事です。
またよく行き来する場所との行き来のスムーズさというのも考える必要があります。
日々の家事動線や生活動線を意識しながら自分達に合った間取りにすることで住み心地の良さや暮らしやすさをより感じることができるようになるでしょう。
キッチンと洗面室への行き来は家事を行う上で重要です。それに加え洗面室から洗濯物干し場への動線も忘れずに考える必要があります。

洗ったばかりの洗濯物を運ぶのは重くて意外と大変です。
洗濯をしてそれを干すという動線はできるだけ短くしておいた方が家事への負担を減らしてくれることでしょう。
我が家は現在一階で洗濯を行い、二階のベランダに洗濯物を干しています。
今は若いのでそこまで負担には感じませんが、自分が高齢になってきた時階段を移動して洗濯物を持ち運びするのは意外と体に負担がかかることと思います。
現時点の状況ばかり考えるのではなく将来を見据えた家造りをするのも大事なことだと思います。

洗面室は家事動線ばかりを考えていてはいけません。
帰宅時手を洗うという習慣をきっちりと身に着けるためには玄関近くに設けておくことの一つのポイントだと思います。
動線をしっかり考え間取りを決めましょう。

Comments are closed.