Archive for 10月 8th, 2018

整理整頓スッキリのコツ

家の中の物は、なんと80%が生かされていないのです。
例えば洋服。クローゼットやタンスから洋服を全部出してみて、本当に気に入っている服だけを選んでみましょう。選ばれるのは、全体の20%くらいです。選ばれなかった服は、処分しても良い物で、残す価値はありません。これからもずっと着ていたい服が、着る人を素敵に見せてくれるのです。
自分が魅力的に見えない服ばかり管理しているのは無駄です。見るだけでもワクワクするような収納を目指せば、無駄な服を買う事もなくなります。

いらない服は捨ててしまいましょう。迷う服は以下の基準で考えます。
その服は一番自分を美しく見せてくれるかどうか、来シーズン一番に着たいかどうか、着ていて幸せな気分になれるか、サイズ・着心地は理想通りか、また同じ物を買いたいか、火事のとき持って逃げたいか、などと考えてみます。
次に買うときは、色・サイズ・デザイン・素材をすべて吟味し、これ以上に気に入る物がないと思う物だけを買えば、服を捨てる辛さもなくなります。

高かったから、捨てられないと思ったら、次からはしっかり考えて買おうと反省して捨てる、まだきれいだから捨てられないと思ったら、着ていないからきれいなのだと思いましょう。痩せたら着ようと思って捨てられないなら、痩せたらご褒美に新しい服を買おうと考えましょう、ボロだけどお気に入りだから捨てられないなら、次のお気に入りに出会う為に捨てましょう、一度も着ていないから捨てられないなら、今後も着ることはないでしょう。そして、明日はこれを着て行こうと思った服はとっておきます。

要るかなと思ったとき、もう一度買える物なら、捨ててみます。案外無くてもやっていける事が多いです。