Archive for 6月, 2018

吹き抜けリビング

リビングに吹き抜けを設けている家庭も多いです。吹き抜けのあるリビングは、明るく、開放感に溢れ広々とした印象を与えてくれます。我が家のリビングの一部にも吹き抜けを設けました。しかし、吹き抜けを設けるかどうかは最後まで非常に悩んだ点でもあります。

開放的で二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さを実感できますが、冷暖房効率を下げるのではないかということが心配でした。しかし、建物の断熱性、そして熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性を高めておくことで、むしろ一階と二階で温度差の少ない家を実現できるのです。面積は広いため最初の動力は大きいのですが、冷暖房効率を下げることもありません。暖房使用時には注意が必要です。暖かい空気は上昇します。そのため吹き抜けを通って暖気が二階にこもってしまうのです。そこで天井ファンを設けて空気を循環させるようにしたり、足元から暖めてくれるように床暖房を取り入れ寒さ対策を行うとよりいいでしょう。

吹き抜けに面して二階にはファミリースペースを設けています。家族が一階と二階で別々のフロアで過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じることができますし、気になる時は吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすいのです。我が家は吹き抜けを設けて良かったと実感できています。デメリットが心配という人には玄関部分など冷暖房効率に関係のないところに吹き抜けを取り入れるのもいいと思います。