Archive for 1月 25th, 2018

中二階スペース

一階と二階を繋ぐ階段の途中の踊り場スペースを広めに確保して、多目的に使用できる中二階スペースを設けてみては如何でしょうか。通常階段は一階と二階を繋ぐ通路でしかないのですが、このようなスペースを設けることで階段の利用の幅が広がります。また、階段の安全性も高まります。

中二階スペースは、一階のLDKとの一体感を得られることもできますし、二階で過ごす家族の気配も身近に感じることができます。ここをより多目的にしようできるようにカウンターを造り付けることと、壁厚を利用して壁面収納を設けておくといいのです。カウンターがあることで子どもがおもちゃを並べて遊ぶことができますし、成長すればスタディーコーナーとしても利用できます。大人がパソコンスペースとしても利用させることもできます。コンセントや照明も忘れずに設置しておく必要があります。

そして壁厚を利用した壁面収納があると子ども達のおもちゃやパソコン関連用品、勉強道具などここで使用する物をしっかりと収納しておくことができます。広さに限りのあるスペースでも物がきちんと片づけられることで利用しやすくなりますし、リビングにおもちゃが散らかりにくくなると、リビングの快適性も増します。子どもが利用している場合も一階のLDKからしっかりと子どもの様子が把握できるようにしておくと安心ですし、大人が利用しても、一階で過ごす子ども達の様子を確認しながら自分の時間にも集中できとても居心地がいいのです。階段途中をこのように活用させることで階段の重要度も増すのです。