Archive for 9月, 2016

洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに洗濯機を設置している洗面室から洗濯物干し場までの動線にはしっかり配慮しておきましょう。また屋外用だけでなく室内用も完備しておくと毎日の家事がスムーズに行えます。洗面室と洗濯物干し場までの動線は短い方が断然いいです。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さが増します。それを抱えて移動しなければならず、動線が長いと体にかかる負担も大きくなります。若い時は良くても高齢になった時には家事がしずらく、身体への負担も感じやすくなるのです。

一番動線が短いのが、洗面室に勝手口を設けその先に屋外用の洗濯物干し場を設けるスタイルです。これなら濡れた洗濯物をほとんど抱えることなく干すことができます。日当たり状況や風通し、視線などに配慮して洗濯物を干す環境に適していれば一番動線が短くていいのかもしれません。しかし小さい子どもを抱えているママにとっては、洗濯物を干している間子どもの様子が気になってしまいます。我が家がまさにこれです。

我が家は、リビングの先にウッドデッキを設けました。このウッドデッキ部分に屋外用の洗濯物干し場を完備しました。ウッドデッキの上にはウッドデッキと同サイズの二階のバルコニーが設けられており、これが屋根代わりになってくれるので急な雨でも衣類が濡れることはありません。ウッドデッキの奥行も確保しているので少々の雨にも対応できます。ここに設けたことで、リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら洗濯物を干すことができます。家事と育児の両立がしやすいのです。洗濯物干し場と一言で言っても、設ける場所によって家事の効率も大きく変わってくるのです。