Archive for 4月, 2011

被災地の住宅事情

今回も地震や原発の事故についての話になってしまうんですけど、津波の被害に遭った人達が住むための仮設住宅の建設が急がれていることは皆さんもご存じのことだと思います。
津波で住宅を流された人や住宅が全壊や半壊など済むには危険な状況である人なども今は公民館や体育館などの避難所で我慢して生活していることだと思います。
中には地元を離れて違う地域で賃貸物件を借りたりして新しい生活を始めている方もいると思います。
しかし絶対的に賃貸物件の不足で東北地方の不動産会社も開店休業状態の所もあることだと思います。
そして結局は仮設住宅の完成待ちという人が多いのではないでしょうか。
政府の発表では「盆過ぎまでには仮設住宅の完成を」なんて言っていますが本当に完成するの?という疑問があります。
工務店や建材のアウトレットショップやアルミサッシの販売サイトなどでも建材が不足していると聞いています。
住宅の不足、失業、原発・・・東北は本当にどうなってしまうのだろうかと遠い九州の大分の人間でも心配してしまいます。
自分は何もできないのですが現地にボランティアで入っている人達や炊き出しをしている人達にはぜひともがんばってもらいたいなぁと思います。
しかしこういう時に人の弱みにつけこむ商売をしたり、火事場泥棒を行う輩もいるのでしょう。そういう人間は逮捕して通常よりも倍の刑に服させればいいと思います。
というかこういうことがないように政府は対応というか現地の治安を考えてほしいものです。
被災している皆さんが安心して生活できる状況を一日もはやくつくりだしてほしいものです。