Archive for 3月, 2011

地震発生から約3週間・・・。

東北と関東を襲った東日本大震災から3週間が経とうとしています。
被災地では瓦礫の撤去と行方不明者の捜索が続いていますし、福島県の原発に関しては日に日に状況は悪くなるような気がしています。
政府や東京電力の発表はさらっと状況の報告をしていますが、本当に安全や事態の収拾を考えるなのらばもっとやりようがあるのではないかと疑ってしまうばかりです。
震災発生からこの間予想はしていたけれどいくつかの現地の悲しいニュースも入ってきました。
原発の放射能汚染の影響で今後の農業に絶望してしまった方が自殺してしまったり、
原発の立ち入り禁止制限地域にある家に戻って車を取ってきたいと包丁を振り上げてしまった方(お酒を飲んでいたとの報道もありましたが・・・)や
義援金の募金箱に手を出したり、被災地で窃盗を働く馬鹿者がいたりと。
悲しいやら怒りたいやら。
国会議員は未だ与党だ野党だと政局争いを気にしながらで本当に被災地や亡くなられた方のこと考えているのか?と腹立たしかったり。
一番偉いのは被災に耐えてる被災地の方と現地で復興のため動いている警察、消防、自衛隊、ボランティア、
また原発の最前線・事故現場で実際に作業をしている東電職員の方などの現地の人だと思います。
原発の問題は真剣に考えなくてはならないことで大分の土地も海を挟んだ四国の伊方原発が目の前にあるわけで他人事ではないと思わなければいけません。
また地震もいつどこで起きるかわかりません。
常日頃からの危機意識だけは持っておかなければいけませんね。

地震に関して

東日本で大震災が発生してから約一週間が経とうとしていますが、ニュースや新聞などで伝えられるその被害状況は日に日に増えていくばかりです。
しかしニュースなどで流される地震当時や現在の被災地の映像はあまりにも非日常すぎてなんて表現したら適切なのか分からないのですが、
リアリティーを感じないというか映画を見ているような感じがするのです。
しかし、現実に被災された方や亡くなられた方がいるのでしっかりと受け止めることとこれを機に自分達の教訓とすることと、少額ですが募金だけでもするということは心掛けたいなと思うのです。
また地震はいつ何時起こるか分からないので頭の片隅においておかなければいけないと思いますし、
原発の問題にしても九州地方で大きな地震があれば大分は豊後水道をはさんで伊方原発があるので
このことに関しても他人事ではないという自覚を持っておかなければいけないと感じています。
数年前、福岡にいた時に福岡西方沖地震の際にホームセンターで目の前で陳列棚が倒れるのを見たり、
1995年の阪神淡路大震災は高校の修学旅行の前日に発生して移動手段が大幅な変更になったりと、
何かしら自分の記憶に残るものでしたが今回の地震も忘れることなく覚えておかなければいけない災害だと思います。
大きな災害が起きても被災してない人間にとっては記憶や歴史の一部でしかないということにならないように、
また安全や平和、普通に過ごしている生活を感謝しなければいけないと思うのでした。