Archive for 1月 12th, 2010

北九州での浪人時代

高校を卒業してから1年間浪人生活を送りました。
浪人が決まった時点で北九州の大手予備校に行くことが確定しました。
初めは賃貸アパートを借りて、予備校に通うという話を親としていたんですが、
生活に慣れたころに勉強しなくなって遊び呆ける可能性が大と言う事で予備校の寮に放り込まれました。
それと北九州あたりは1Kや1Rでも家賃の相場が高いだろうという事もあります。
予備校の寮は8階建てのマンションのような感じだったのですが、防音性がそれほどよくなくて隣の生活音が聞こえるほどでした。
逆に考えるとこちらの生活音も筒抜けだったんですね。
予備校の寮の中は全面真っ白で病院みたいな感じでした。
その雰囲気に慣れるまで少々時間がかかりました。
部屋の内部も真っ白、間取りは4帖ぐらいの1R?きちんはなくて備え付けの冷蔵庫とエアコンがありました。
あとベットと机もありましたね。
窓には頑丈そうな格子が付いていたのが印象的でした。
まるで○○○みたい・・・。
予備校の寮っていうと共同風呂っていうイメージでしょうが。
しかしこの寮は各室、風呂・トイレ付でした。もちろん風呂とトイレは一体式のユニットでしたけどね。
家賃は3万円で朝と夜の食事つきでした。
各階廊下の隅に共同のキッチンがあって簡単な料理ぐらいは出来ました。
ま、ほとんどがカップラーメンの湯を沸かすぐらいでしたけどね。
掃除は掃除機の貸し出し制、洗濯機は屋上に10台ぐらいあって洗濯物乾燥機もありましたね。
洗濯機は使い放題でしたがさすがに洗濯物乾燥機はコイン式でした。