Archive for the ‘震災’ Category

夏、到来。

梅雨が明けました。
これから夏本番。
今年の夏が今までの夏と違うのはみなさんもご存じのとおり「節電」を心掛けなければいけない夏であることです。
言うまでもなく東日本大震災による原発事故による所が多いのですが、
被災地の方々の事を考えると今回の震災で被害のない西日本の人間は暑さぐらい我慢しなければいけないでしょう。
とか言いつつもやはりエアコンを使わないのは辛いですね。しかし、ここ大分市はまだましなんでしょう。
以前住んでいた、福岡の筑豊地区や大分でも日田市、先月出張にいた山形の住宅地に共通するのが「盆地」という地形。
盆地は夏非常に暑く、冬は非常に寒いという。
今回のように便利なエアコンなどの使用に自主的ですが制限となると更に大変でしょうねぇ。
まぁ今年の夏は本当に他人事ではないんですが。
そもそも日本は根本的にエネルギー問題を抱えているので、今後も原子力発電の運用は考えていかなければいけないことですね。
白黒はっきりつく問題でもないし。
九電のやらせメールと松本復興大臣は絶対許さんけど。
少し前の「G」のつく某アニメみたいに太陽光エネルギーで地球上の電力が賄えたらどんなにいいことか・・・そんな夢物語はさておき、
今年の夏はすだれや吉津を買ってきて、電気を使わない蚊取り線香を使ってしのぎましょうか。
アパートの窓を開けている分、防犯だけは気をつけなければいけませんね。
この暑さ、熱中症だけは気をつけて、水分と塩分を補給することも大事ですね。

被災地の住宅事情

今回も地震や原発の事故についての話になってしまうんですけど、津波の被害に遭った人達が住むための仮設住宅の建設が急がれていることは皆さんもご存じのことだと思います。
津波で住宅を流された人や住宅が全壊や半壊など済むには危険な状況である人なども今は公民館や体育館などの避難所で我慢して生活していることだと思います。
中には地元を離れて違う地域で賃貸物件を借りたりして新しい生活を始めている方もいると思います。
しかし絶対的に賃貸物件の不足で東北地方の不動産会社も開店休業状態の所もあることだと思います。
そして結局は仮設住宅の完成待ちという人が多いのではないでしょうか。
政府の発表では「盆過ぎまでには仮設住宅の完成を」なんて言っていますが本当に完成するの?という疑問があります。
工務店や建材のアウトレットショップやアルミサッシの販売サイトなどでも建材が不足していると聞いています。
住宅の不足、失業、原発・・・東北は本当にどうなってしまうのだろうかと遠い九州の大分の人間でも心配してしまいます。
自分は何もできないのですが現地にボランティアで入っている人達や炊き出しをしている人達にはぜひともがんばってもらいたいなぁと思います。
しかしこういう時に人の弱みにつけこむ商売をしたり、火事場泥棒を行う輩もいるのでしょう。そういう人間は逮捕して通常よりも倍の刑に服させればいいと思います。
というかこういうことがないように政府は対応というか現地の治安を考えてほしいものです。
被災している皆さんが安心して生活できる状況を一日もはやくつくりだしてほしいものです。

地震発生から約3週間・・・。

東北と関東を襲った東日本大震災から3週間が経とうとしています。
被災地では瓦礫の撤去と行方不明者の捜索が続いていますし、福島県の原発に関しては日に日に状況は悪くなるような気がしています。
政府や東京電力の発表はさらっと状況の報告をしていますが、本当に安全や事態の収拾を考えるなのらばもっとやりようがあるのではないかと疑ってしまうばかりです。
震災発生からこの間予想はしていたけれどいくつかの現地の悲しいニュースも入ってきました。
原発の放射能汚染の影響で今後の農業に絶望してしまった方が自殺してしまったり、
原発の立ち入り禁止制限地域にある家に戻って車を取ってきたいと包丁を振り上げてしまった方(お酒を飲んでいたとの報道もありましたが・・・)や
義援金の募金箱に手を出したり、被災地で窃盗を働く馬鹿者がいたりと。
悲しいやら怒りたいやら。
国会議員は未だ与党だ野党だと政局争いを気にしながらで本当に被災地や亡くなられた方のこと考えているのか?と腹立たしかったり。
一番偉いのは被災に耐えてる被災地の方と現地で復興のため動いている警察、消防、自衛隊、ボランティア、
また原発の最前線・事故現場で実際に作業をしている東電職員の方などの現地の人だと思います。
原発の問題は真剣に考えなくてはならないことで大分の土地も海を挟んだ四国の伊方原発が目の前にあるわけで他人事ではないと思わなければいけません。
また地震もいつどこで起きるかわかりません。
常日頃からの危機意識だけは持っておかなければいけませんね。

地震に関して

東日本で大震災が発生してから約一週間が経とうとしていますが、ニュースや新聞などで伝えられるその被害状況は日に日に増えていくばかりです。
しかしニュースなどで流される地震当時や現在の被災地の映像はあまりにも非日常すぎてなんて表現したら適切なのか分からないのですが、
リアリティーを感じないというか映画を見ているような感じがするのです。
しかし、現実に被災された方や亡くなられた方がいるのでしっかりと受け止めることとこれを機に自分達の教訓とすることと、少額ですが募金だけでもするということは心掛けたいなと思うのです。
また地震はいつ何時起こるか分からないので頭の片隅においておかなければいけないと思いますし、
原発の問題にしても九州地方で大きな地震があれば大分は豊後水道をはさんで伊方原発があるので
このことに関しても他人事ではないという自覚を持っておかなければいけないと感じています。
数年前、福岡にいた時に福岡西方沖地震の際にホームセンターで目の前で陳列棚が倒れるのを見たり、
1995年の阪神淡路大震災は高校の修学旅行の前日に発生して移動手段が大幅な変更になったりと、
何かしら自分の記憶に残るものでしたが今回の地震も忘れることなく覚えておかなければいけない災害だと思います。
大きな災害が起きても被災してない人間にとっては記憶や歴史の一部でしかないということにならないように、
また安全や平和、普通に過ごしている生活を感謝しなければいけないと思うのでした。