ハウスメーカー

家造りを進めるにあたりまず決めなくてはいけないことが、依頼する業者です。希望に合った、または期待以上の家ができあがるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっているだけに自分達に合った最適のパートナーを見つけ出したいものです。今日はハウスメーカーの特徴について考えてみましょう。

ハウスメーカーの特徴は、資本も大きく会社としての規模も大きいため社会的なブランド力を持ち、世間一般での社会的信用度も高いです。カタログやモデルハウスなどにより家造りのイメージを湧かせるための材料が豊富に揃っているのです。設計の自由度に関しては、工場生産でできあがった部品が基準となるため、寸法などの変更がしにくいこともあると思います。メーカーによっては一目見ただけでどこのハウスメーカーのものなのかが分かるものも多いのです。

工期においては、モデルケースを多数持っているため、その中からプランを選ぶことができ、部材も工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかかりません。価格においては、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうためどうしても価格が高くなります。標準仕様の価格で考えていても、オプションで金額が高くなっていくケースが多いのです。住宅への希望が不明確で、自分で考えたり、決めなくてはいけないことが多いのが面倒という人は、提案力のあるハウスメーカーの方が向いているかもしれません。予算に合わせて最高の住まいを完成させたいものです。

階段

我が家はリビング入ってすぐのところに折り返し階段を設けました。最近ではリビングイン階段が多く取り入れられ、魅力は家族がリビングで顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションが生まれやすくなるスタイルであることがあげられます。折り返し階段は階段の途中に踊り場スペースがあるため、階段の安全性が高まります。

階段をどこに設けて、どのような種類のものを設置するかで室内の印象も必要とするスペースも階段下に生まれるデッドスペースの活用法も変わってきます。リビングイン階段でも我が家は入ってすぐの場所に階段を設けたため、リビングを横切ることなく二階へ上り下りができます。リビングを横切る必要がないため、リビングに来客者がいる場合でも家族としっかり顔を合わせることができながらもスムーズに二階へ行き来ができるので、お客様に気をつかわせる心配も軽減します。折り返し階段にして階段での行き来の安全性を確保すると同時に、階段下を余すとこなく活用することができています。

階段の下にはトイレを設けました。一部分の天井が通常の天井の高さよりも低くなっていますが、用を足すには全く問題がありませんし、窓からの明るさやクロスの色味を白色の明るいものにして、一面だけ爽やかな淡いブルーにしたことでアクセントにもなりスッキリとした空間が広がり狭さや圧迫感を感じさせません。階段の上り初めから途中までの階段下はトイレ収納として利用しています。階段の位置や安全性、デッドスペースの活用法に配慮して適した階段を設置したいものです。

我が家のシューズクローク

我が家は、玄関の横に玄関と同じ広さのシューズクロークを設けました。このシューズクロークは家族用の玄関としても利用するためシューズクロークからも室内へ入れるように動線を確保しているのです。メインの玄関をスッキリとしたかったので、シューズクロークの収納力を高めました。L字型に可動オープン棚を設け、そこには家族の靴はもちろん、屋外で使用する子ども達のおもちゃや工具、アウトドア用品などをしっかりと収納できるようになっています。

家族みんなの靴がどこにあるかが一目で把握できますし、オープン棚なので出し入れもしやすいのです。シューズクロークの収納力が高いので玄関部分には靴箱など設ける必要がなく、スッキリと広々とした空間が広がっています。そこで、靴を脱ぎ履きする際に便利なベンチを設けています。小さい子どもから高齢者までこのベンチがあることで靴の脱ぎ履きの負担を軽減させることができており、便利さが高まっています。

シューズクローク内には土間収納スペースもあり、子どものベビーカーや三輪車、旦那さんのゴルフ用品や洗車用品などもここに置いています。外で使用して汚れていてもサッとそのまま片づけられるため土間収納スペースは確保しておくことをおススメします。靴や物を片付けると同時にそのまま室内へスムーズに入れるため、靴や物を片付けなかった子ども達でも自然と片付ける習慣が身に付いてきました。出し入れしやすい収納力と動線のスムーズさが大きなポイントなのです。我が家はこのシューズクロークのおかげで玄関周りがスッキリとしていつでもお客様を受け入れられています。

キッチン

最近では、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。オープンなキッチンにすることで誰でも作業を手伝いやすくなります。今まではリビングに背を向けていたのが家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことができますし、家事をしながらリビングで過ごす子ども達の様子が把握できるため家事と育児の両立がしやすさも実感できるのです。

オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々あります。吊り戸棚をなくし、コンロ部分も壁ではなく耐熱用ガラスを設けることで空間の繋がりを高め広さや開放感を得ることができます。しかし、気になるのがお鍋や食器など乱雑に置かれた様子が、リビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。片付いていないキッチンが見えるのは見た目にいいものではありません。また急な来客時にはスムーズに対応できず、慌ててキッチンを片付けなければ恥ずかしいのです。

我が家はキッチンの前に腰壁を設けて、気になる手元部分を隠せるようにしました。これなら見た目を気にしなくて済みますし、急な来客時でも乱雑なキッチンを見られることなく、スムーズに対応できます。腰壁があることでL字型にカウンターを配し、パソコンをしたり、軽食をとるには最適のスペースを設けることもできました。自分にピッタリのキッチンを取り入れ、家事をしやすい環境を整えておきたいものです。

ペットの安全

自分たちが住まいを新築する時、これからどのような生活をしたいか、よく考えていかなくてはいけません。例えば、ペットを飼う場合、コンセントや電気コードについても対策を取らなければいけません。コンセントや電気コードをいたずらして、感電死するケースも増えています。コンセントの位置などを検討することで、ペットの命を守ることもできます。

私の友人は住まいを新築する時、夫婦と娘2人だけでなく、ポメラニアンを飼うことにしていました。床材や壁材などについて、いろいろ考えたのですが、そのほかのことについては、あまり深く考えてはいませんでした。しかし、ポメラニアンは、好奇心旺盛で、いたずら好きな一面があります。そのため、コンセントや電気コードをいたずらして、感電したり、コンセントにおしっこをかけたりするので、注意しなくてはいけないと言われました。

そんな心配を相談したところ、担当者の人が、コンセントについては、通常の低い位置でなく、背の届かない程度の位置につけてはどうかと、アドバイスしてくれました。また、配線自体が露出しないように、家具などの配置を考えるだけでなく、できるだけ、電気製品は作り付けの収納にしまい、その中にコンセントを設けるようにしました。どうしても、露出する電気コードについては、カバーをつけるようにしました。

コンセントについては、ペットだけでなく、幼い子供たちが何か細長いものを突っ込んで、事故になることもあります。対策をとることで、未然に事故を防ぐことができます。最近は、ウサギ、ハムスター、フェレットなど、さまざまな種類のペットを室内で飼うようになりました。ペットにとって、室内でも危険が潜んでいます。住まいを新築する時は、ペットそれぞれの習性や行動範囲を熟知したうえで、事故のないように、対策を取っておかなくてはいけません。

ファミリークローゼット

私が家事に一番面倒と感じるのがたたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業です。子ども達の服、夫婦の服、下着、タオル類などそれぞれ別々のクローゼットにしまいます。洗濯物をしまうという作業だけで住宅内を行ったり来たりして無駄な動きも多いためついつい後回しにしがちです。この家事への不満を解消するために、新居では生活の中心である一階にファミリークローゼットを設けたのです。

身支度や入浴後の着替えなど服を脱いだり着たりすることの多い洗面室の横にファミリークローゼットを設けました。家族の服を一か所で管理できることで、たたむという作業が格段に楽になり家事への不満を解消できています。洗面室の横に設けたことで、入浴時の事前準備やタオル交換も楽になるだけでなく、朝はヘアセットやお化粧、着替えとトータルコーディネートしやすくなったのです。

このファミリークローゼットのポイントの一つは掛ける収納を充実させることです。掛ける収納を充実させることで、洗濯物をたたむという作業を簡略化できます。また衣類にシワが入らずに済むのです。上下二段にポールを設けて掛ける収納を設けているので、子どもの衣類も掛けて収納しています。自分達で手の届く位置に服があることで、服を取り出したりしまったり自分のことを自分でする習慣が身に付きやすくもなっています。今までは衣類の管理はほとんど私が行っていましたが、旦那さんも子ども達も自分で服の管理をするようになり、家事への負担が軽減しました。家事は休みがないものだけに、いかに効率良く行える環境を整えるかが大きなポイントなのです。

洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに洗濯機を設置している洗面室から洗濯物干し場までの動線にはしっかり配慮しておきましょう。また屋外用だけでなく室内用も完備しておくと毎日の家事がスムーズに行えます。洗面室と洗濯物干し場までの動線は短い方が断然いいです。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さが増します。それを抱えて移動しなければならず、動線が長いと体にかかる負担も大きくなります。若い時は良くても高齢になった時には家事がしずらく、身体への負担も感じやすくなるのです。

一番動線が短いのが、洗面室に勝手口を設けその先に屋外用の洗濯物干し場を設けるスタイルです。これなら濡れた洗濯物をほとんど抱えることなく干すことができます。日当たり状況や風通し、視線などに配慮して洗濯物を干す環境に適していれば一番動線が短くていいのかもしれません。しかし小さい子どもを抱えているママにとっては、洗濯物を干している間子どもの様子が気になってしまいます。我が家がまさにこれです。

我が家は、リビングの先にウッドデッキを設けました。このウッドデッキ部分に屋外用の洗濯物干し場を完備しました。ウッドデッキの上にはウッドデッキと同サイズの二階のバルコニーが設けられており、これが屋根代わりになってくれるので急な雨でも衣類が濡れることはありません。ウッドデッキの奥行も確保しているので少々の雨にも対応できます。ここに設けたことで、リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら洗濯物を干すことができます。家事と育児の両立がしやすいのです。洗濯物干し場と一言で言っても、設ける場所によって家事の効率も大きく変わってくるのです。

お客様をおもてなしするニッチ

最近住宅で多く取り入れるようになったニッチ。我が家の新居にもニッチを各所に設けてもらいました。その中でも一番お気に入りのニッチが、玄関に設けた床から天井近くにまで広がる縦長のニッチです。このニッチの下部と上部は飾り棚として利用しています。お気に入りの雑貨や季節ものも雑貨を飾り、玄関のアクセントとなっています。家に遊びに来たお客様に季節的なものを感じてもらいながら、華やかな印象を与えられるようにしています。

そして、その飾り棚の間にはお客様用のスリッパラックとして利用しています。お客様用のスリッパは使用頻度が低いです。それを玄関ホールに置き型のスリッパラックに置いておくと、玄関ホールに圧迫感を与えてしまうこともありますし、置きっぱなしのスリッパにホコリがかぶってしまうので、いざという時にはお客様に利用してもらいにくい状態になってしまうのです。このお客様用のスリッパをニッチ内に収めることで、玄関ホールをより広々とさせることができます。

このスリッパラック部分にはミラー扉を設けました。扉があることで、生活感あふれるスリッパが目に入らずに済みますし、スリッパにホコリをかぶる心配もなくなります。ミラー扉は家族が外出前に身だしなみを整えるのに重宝しています。玄関は家族が毎日行き来をする場所ですし、お客様にとっては第一印象を決める非常に重要な空間です。それだけにオシャレで機能性に優れたニッチが大きな役割を果たしてくれているのです。

コミュニケーションを大事にできる家

住宅とは、家族みんながホッと落ち着くことができ、一番居心地のいい場所であると思います。家族のコミュニケーションを大事にできる住まいにすることで、家族関係の良好さをしっかりと保つことができ、家で過ごす時間がより楽しいものとなるのです。そこで我が家はリビング階段を取り入れました。

リビング階段の魅力は、家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と作りだされます。顔を合わせることで、コミュニケーションを取りやすくなりますし、親は子どものちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。今までは玄関の近くに階段が設けられることが多かったです。子ども達が帰宅して直接二階の部屋へいけるため、いつ帰宅したのか分からなかったり、いつの間にか外出していたということもあるのです。リビング階段であればこのような状況を避けられます。

このリビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあります。家族のコミュニケーションをいつまでも大切にできる家となるのです。そして一階だけでなく二階にも家族で過ごすスペースを設けました。階段を上がった先のホールを広めに確保して、ファミリースペースを設けました。寝る前の時間をここで過ごしたり、休日の朝はここでゆっくり朝食を取ったりしています。一階だけでなく二階にも家族で過ごすスペースがあることで自然とコミュニケーションも取りやすくなるのです。

またリビングの先にはウッドデッキを設けました。室内で過ごす時間だけでなく、外で過ごす時間も大切にすることで、家族と過ごす時間をより充実したものにしてくれるのです。コミュニケーションを大事にできる家造りを目指してみるのもいいのではないでしょう。

浴室の安全性

浴室は家庭の中でも多くの事故が起きており、危険性の高い場所の一つであることをご存知ですか。浴室は、一日の疲れを癒し、リラックスする空間として捉える人が多いだけに浴室の安全性をしっかりと確保し、安心して入浴できる空間を作りだす必要があると思います。

そこでまず、脱衣所から浴室へ入る部分の段差が非常に少なくなりました。以前は段差をつけることで、浴室の水が脱衣所に入ることを防いでいました。しかし、ドアの下に取り付けられたゴムのストッパーで、浴室からの水の浸出を防ぐ技術が取り入れられているので、ほとんど段差なく行き来ができるようになったのです。つまずいて転倒するような心配はありませんし、車イスでの出入りもスムーズに行えるのです。

そして床もポイントの一つです。以前は、ツルツルとしたタイルの床で、転ぶと大きなケガをすることがありました。最近の床は、表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、膝を直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

そして浴室では、立ったり、座ったり、またいだりと意外と動作が多いのです。つかまる所がなければとても入りにくいものです。入浴の動作を考え、浴槽の出入りのときや、洗い場に移るときに転びやすい姿勢のときにつかまりやすい位置に手すりを設けておきましょう。手すりの形や位置を自由に選ぶことができるので、自分達が入りやすい浴室に仕上げることができます。浴室の安全性をしっかりと確保して小さい子どもから高齢者まで安心して入れる浴室にしましょう。